トヨタ自動車とフォードは22日、SUVと小型トラックのハイブリッド車技術とテレマティクスの共同開発をおこなうことを発表した。

トヨタ自動車と米フォードモーターは22日、SUVおよびライトトラック向けのハイブリッド車(HV)技術とカーテレマティクスの共同開発について基本合意し、覚書に調印したと発表した。

両社は具体的な開発案件についてフィージビリティ・スタディ(FS)を開始し、来年末の正式合意を目指す。トヨタの内山田竹志副社長とフォードのデレック・キューザック副社長が同日、デトロイトでインターネットで中継する記者会見を行った。

会見で内山田社長は、「SUVとライトトラックはアメリカのお客様にとって、なくてはならない存在。われわれは共同開発により、それらの車の省エネと地球温暖化ガスの低減をサポートする」と述べた。

またテレマティクスについては「情報技術は自動車が価値あるものに変化する基本技術」と位置づけ、「われわれのノウハウと経験を分かち合いながらテレマティクス技術を前進させたい」と語った。

フォードの代表的なSUV、エクスプローラー トヨタのハイブリッドシステム(プリウス) トヨタ・フォード提携に合意 トヨタ・フォード提携に合意