ZMPの一人乗りロボットEV RoboCar MEV

ZMPは8月22日、次世代自動車の研究用プラットフォーム「RoboCar MEV」のベース車両に、トヨタ車体の超小型電気自動車『COMS(コムス)』を採用した『RoboCar MEV-C』の販売を開始した。

次世代自動車の安全技術やエコ走行など、環境技術の研究用と自律移動ロボットの開発用に用途を想定している。

ZMPは2009年以降、次世代自動車研究用プラットフォームとしてRoboCarシリーズを展開し、実車の10分の1サイズの『RoboCar 1/10』や、一人乗りロボット『EV RoboCar MEV』などを販売してきた。

RoboCar MEVは、車載LAN規格であるCAN(コントロール・エリア・ネットワーク)プロトコルを開示したオープンプラットフォームで、自動車・自動車部品メーカ、大学、研究機関が自由に自社製品、技術を評価できることが高い評価を得ている。

トヨタ車体のCOMSは、小型、軽量の電気自動車で、市販車として10年の販売実績を持つことから、ユーザが安心して研究開発に活用できると判断、今回、COMSを採用した。

後輪インホイールの原動機付自転車/ミニカーのRoboCar MEV-Cは、72Vの鉛電池を搭載し、補助電源に12Vの鉛蓄電池を搭載する。充電はプラグイン方式。オプションでリチウムイオン電池を用意する。

価格は税別で「Type A」(ドライブバイワイヤ、高精度車載センサを搭載)が268万円、「Type B」(Aに加えステアバイワイヤを搭載)が468万円、「Type C」(Bに加えて自動ブレーキシステム、ステレオカメラ、慣性センサを搭載)が668万円から。

ZMPの一人乗りロボットEV RoboCar MEV