フォード エクスプローラー《撮影 北島友和》

ビッグサイズが最初の印象。従来モデルよりもさらに一回り大きくなった。しかしデザインはシャープで力強く俊敏だ。

すべて左ハンドルのみの設定だが、ETCの発達した高速ではゲートの通過のみ注意を払えばよいだろう。

3.5リットルエンジンはとりわけパワフルではないが、低中速域のトルクをしっかりと出しており、追い越しや登坂では全く問題ない。

そしてハイライトはハンドリングだ。ハンドル応答性はしっかりとしており、しかも過敏ではない。またロールが抑制されており、連続したコーナーが続く山道でもライントレース性が優れ、思いどおりのコーナリングラインを取ることができる。

オンロードではサイズをあまり感じさせない。オフロードでは路面に合わせた駆動力配分がダイヤル一つで可能で、プロの技が素人でもできる。ただし優に2tを超える重量は当然走行に限界があり、しかも空力を優先して顎が低いので、ハードなところは勧めない。グランドツアラーとして合格だ。

■5つ星評価
パッケージ:★★★★
インテリア/居住性:★★★★
パワーソース:★★★
フットワーク:★★★★★
お勧め度:★★★★

日下部保雄|モータージャーナリスト
学生時代よりモータースポーツに傾倒する。全日本ラリーチャンピオンシップAクラスチャンピオン、全日本ツーリングカー選手権ドライバーランキング10位という実績に加え、海外ではWRCの英国RACラリー連続参戦、入賞、ドイツ・ニュルブルクリンク24時間レース入賞など、豊富な実績。モータージャーナリストとして四半世紀以上のキャリアを持つ。日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員、AJAJ会長。

フォード エクスプローラー《撮影 北島友和》 フォード エクスプローラー《撮影 宮崎壮人》 フォード エクスプローラー《撮影 宮崎壮人》 フォード エクスプローラー《撮影 宮崎壮人》 フォード エクスプローラー《撮影 宮崎壮人》 フォード エクスプローラー《撮影 宮崎壮人》 フォード エクスプローラー《撮影 宮崎壮人》 フォード エクスプローラー《撮影 宮崎壮人》 フォード エクスプローラー《撮影 宮崎壮人》 フォード エクスプローラー《撮影 宮崎壮人》 フォード エクスプローラー《撮影 宮崎壮人》