構造試験室。全機構造試験では試験用の機体をセットして各セクションの油圧アクチュエーターで負荷を掛け、飛行/地上での静強度及び疲労耐久性の試験を行う。《撮影 ケニー中嶋》

既に100機を大きく上回る予約受注をしているホンダジェットは、来年第1四半期にサプライヤーからのパーツ納入がスタート。組み立ての後、来年後半に最初の引き渡しが予定されている。

(7月12日と13日、米ノースカロライナ州グリーンズボロ市にあるホンダ・エアクラフト・カンパニーの『ホンダジェット』生産設備が内外記者団に初公開された)

構造試験室。全機構造試験では試験用の機体をセットして各セクションの油圧アクチュエーターで負荷を掛け、飛行/地上での静強度及び疲労耐久性の試験を行う。《撮影 ケニー中嶋》 構造試験室。全機構造試験では試験用の機体をセットして各セクションの油圧アクチュエーターで負荷を掛け、飛行/地上での静強度及び疲労耐久性の試験を行う。《撮影 ケニー中嶋》 材質を部分的にカットしたクーポン試験からコンポーネント構造試験も行われる。《撮影 ケニー中嶋》 材質を部分的にカットしたクーポン試験からコンポーネント構造試験も行われる。《撮影 ケニー中嶋》 材質を部分的にカットしたクーポン試験からコンポーネント構造試験も行われる。《撮影 ケニー中嶋》 材質を部分的にカットしたクーポン試験からコンポーネント構造試験も行われる。《撮影 ケニー中嶋》 素材テストには低高温に設定できる試験室も用いられる。《撮影 ケニー中嶋》 胴体および乗降ドア。炭素繊維に樹脂を含浸させたプリプレグを積層して一体成型したコンポジット構造が見る事が出来る。《撮影 ケニー中嶋》 胴体および乗降ドア。炭素繊維に樹脂を含浸させたプリプレグを積層して一体成型したコンポジット構造が見る事が出来る。《撮影 ケニー中嶋》 胴体および乗降ドア。炭素繊維に樹脂を含浸させたプリプレグを積層して一体成型したコンポジット構造が見る事が出来る。《撮影 ケニー中嶋》 主翼はアルミの削り出しを上下2枚重ねて片側を完成させる構造。《撮影 ケニー中嶋》 構造試験室《撮影 ケニー中嶋》 構造試験室《撮影 ケニー中嶋》 構造試験室《撮影 ケニー中嶋》 テレメトリールーム(飛行試験・管制室)《撮影 ケニー中嶋》 テレメトリールームはテスト飛行中の機体からリアルタイムでデータを受け、フライト状況を看視しながらパイロットに遠隔指示を行うオペレーションルーム。《撮影 ケニー中嶋》 コントロールルームからハンガーを見下ろした風景《撮影 ケニー中嶋》 ホンダジェット《撮影 ケニー中嶋》 藤野道格(ホンダ・エアクラフトカンパニー・インコーポレーテッド社長)《撮影 ケニー中嶋》