三井住友海上火災保険は19日、長期自動車保険『ニューロング』の契約件数が発売開始から10か月間で100万件を突破したことを明らかにした。

ニューロングは補償期間が2年または3年間の自動車保険で、昨年10月1日に発売。2年目以降の保険料を事故の有無にかかわらず同じ補償内容で1年契約に比べて約3.5%割安に設定しているのが特徴。また保険期間3年の場合、総払込み保険料は1年契約を3年継続するよりも平均で2%以上割安になるという。

三井住友海上ではニューロングが月間10万件ペースの契約件数を得たことについて、1年ごとの契約を毎年更新する場合に比べて保険料が安いことや、毎年の更新手続きが不要な点が評価されたためと分析している。