大畠章宏国交相(19日・国交省)《撮影者 山下剛》

大畠章宏国土交通相は、東北地方の高速道路無料化のうちトラックなど中型車以上の無料解放について、9月以降も継続すべきかどうか、23日の閣議後会見で明らかにする。

無料開放は被災地の復旧・復興のための物流に配慮して、6月20日からスタートした。早期に対応するために、特別な登録などを必要とせずに中型車以上に適用されたが、これを悪用した目的外通行が問題となっている。

すでに、8月末で打ち切る方向で調整が進んでいるが、22日に開催される「高速道路のあり方検討委員会」への報告をした上で、委員の意見を聞き、最終的な判断を行う。

「制度の趣旨を理解してもらい、適正に制度を利用していただきたいとお願いしているが、それが是正されないという統計結果がある。それをふまえ、どうすべきか検討している」と、大畠氏は述べた。