キャビン前方からの眺め、シートはリクライニングの他、前後左右にスライド可能、アームレストはシートバックに収納されている。後部に設けられたトイレの扉は両サイドからスライドで閉まる。《撮影 ケニー中嶋》

『ホンダジェット』では、従来型機で胴体に内臓されたエンジン支持骨格のスペースは、キャビンとして最大限に活用される。

ホンダジェットが独自に開発した新鋭技術のみならず、ガーミン社のタッチパネル付き最新式アビオニクス「G3000」を搭載するグラスコックピット等々、随所に各分野の最先端技術も積極的に導入している。

(7月12日と13日、米ノースカロライナ州グリーンズボロ市にあるホンダ・エアクラフト・カンパニーの『ホンダジェット』生産設備が内外記者団に初公開された)

キャビン後方からの眺め、向かい合わせのシーティングポジションでも足が重ならない広さ。《撮影 ケニー中嶋》 キャビン側面に収納式の大型テーブルを用意する。《撮影 ケニー中嶋》 オーバーヘッドに収納式のインフォメーションディスプレイ、リーディングライト、空気吹き出し口を備える。《撮影 ケニー中嶋》 リージョナルジェット並みの広さを持つ密閉式トイレ。スタイリッシュな洗面台もセットされる。《撮影 ケニー中嶋》 リージョナルジェット並みの広さを持つ密閉式トイレ。スタイリッシュな洗面台もセットされる。《撮影 ケニー中嶋》 リージョナルジェット並みの広さを持つ密閉式トイレ。スタイリッシュな洗面台もセットされる。《撮影 ケニー中嶋》 偏光式のウィンドウ。スイッチ一つでクリアからスモークに早変わりする。《撮影 ケニー中嶋》 偏光式のウィンドウ。スイッチ一つでクリアからスモークに早変わりする。《撮影 ケニー中嶋》 操縦席とキャビンの間、乗降口の正面に横向きに設置されたジャンプシートは折り畳んで荷物置き場としても使う事ができる。《撮影 ケニー中嶋》 操縦席とキャビンの間、乗降口の正面に横向きに設置されたジャンプシートは折り畳んで荷物置き場としても使う事ができる。《撮影 ケニー中嶋》 操縦席とキャビンの間、乗降口の正面に横向きに設置されたジャンプシートは折り畳んで荷物置き場としても使う事ができる。《撮影 ケニー中嶋》 乗降口は機体左側、操縦席のすぐ後ろに位置する。《撮影 ケニー中嶋》 ガーミン社製の最新アビオニクス、G3000。大型のフラットディスプレイ3枚にデータを表示、中央に2枚のタッチパネル式ディスプレイを組み合わせた、完全なグラスコックピット。効率的に情報を表示出来、マニュアルをほとんどど必要とせず、パイロットの操作性を大幅に向上させている。《撮影 ケニー中嶋》 ガーミン社製の最新アビオニクス、G3000。大型のフラットディスプレイ3枚にデータを表示、中央に2枚のタッチパネル式ディスプレイを組み合わせた、完全なグラスコックピット。効率的に情報を表示出来、マニュアルをほとんどど必要とせず、パイロットの操作性を大幅に向上させている。《撮影 ケニー中嶋》 ガーミン社製の最新アビオニクス、G3000。大型のフラットディスプレイ3枚にデータを表示、中央に2枚のタッチパネル式ディスプレイを組み合わせた、完全なグラスコックピット。効率的に情報を表示出来、マニュアルをほとんどど必要とせず、パイロットの操作性を大幅に向上させてている。《撮影 ケニー中嶋》 アイスチェストを備えた簡易バーカウンターも用意、反対側に小物入れを用意するなどスペースを有効に活用している。《撮影 ケニー中嶋》 アイスチェストを備えた簡易バーカウンターも用意、反対側に小物入れを用意するなどスペースを有効に活用している。《撮影 ケニー中嶋》 アイスチェストを備えた簡易バーカウンターも用意、反対側に小物入れを用意するなどスペースを有効に活用している。《撮影 ケニー中嶋》 OTWEMの採用で機体後部のラゲッジスペースは既存ビジネスジェットの2倍近い容量を確保、ゴルフバッグ等大型の荷物を容易に積み込む事ができる。《撮影 ケニー中嶋》 OTWEMの採用で機体後部のラゲッジスペースは既存ビジネスジェットの2倍近い容量を確保、ゴルフバッグ等大型の荷物を容易に積み込む事ができる。《撮影 ケニー中嶋》 OTWEMの採用で機体後部のラゲッジスペースは既存ビジネスジェットの2倍近い容量を確保、ゴルフバッグ等大型の荷物を容易に積み込む事ができる。《撮影 ケニー中嶋》 藤野道格(ホンダ・エアクラフトカンパニー・インコーポレーテッド社長)《撮影 ケニー中嶋》