国土交通省航空局は17日、日本航空機長と副操縦士の2人について、不適切な行為を行ったとして、航空業務停止処分を下した。男性機長(51)は45日間、女性副操縦士(34)は20日の業務停止。

2人は、09年5月1日の香港発成田着の貨物便で飛行中、機長が副操縦士を機長席に座らせ、副操縦士の写真を撮影した。

デジカメは機長が所有するもので、副操縦士が振り向いたところを撮影したとされる。

航空局は12日に同社より報告を受け。定められた席で職務を遂行すべき運航規定に抵触し、他の航空機などの見張り義務を果たさなかった不適切事例として、処分すべきと判断した。

同局安全運航安全課は「当事者に事実関係を文書で確認し、相違ないという返答だったので処分をした」と、話している。

同社に対しては厳重注意処分が下された。同局は8月末日までに再発防止策を報告するよう求めた。