ルノー・クリオ(日本名:ルーテシア)現行

ルノーの主力車種のひとつ、『クリオ』(日本名:『ルーテシア』)。その次期モデルの姿が、初めてスクープされた。

これは15日、英国の自動車メディア、『AutoEXPRESS』が報じたもの。同メディアが次期ルーテシアの写真とスペックを独自に入手し、その詳細を伝えている。

同メディアによると、次期ルーテシアは同社の新しいデザインチーフに就任したローレンス・バン・デン・アッカー氏が手がけた初の市販車。コンセプトカーのドゥジールで提示したルノーの新世代マスクが目を引く。

また心臓部には、新開発900cc直列3気筒ターボエンジンを搭載。最大出力110ps、最大トルク16.3kgmを引き出すこのユニットは、欧州複合モード燃費27km/リットル、CO2排出量95g/kmという高い環境性能が売りとのことだ。

4代目となる次期ルーテシア。そのデビューは、2012年3月のジュネーブモーターショーと予想されている。

次期クリオ(日本名:ルーテシア)の詳細を伝える英『AutoEXPRESS』