イギリスで販売されていたコペン1.3。ダイハツは2013年1月末で欧州市場からの撤退を決定している。イギリスでは新車の在庫がすでになくなっている

ダイハツの軽自動車スポーツ、『コペン』。同車の次期モデルに関して、興味深い情報をキャッチした。

これは12日、英国の自動車メディア、『AutoEXPRESS』が報じたもの。同メディアによると、次期コペンの海外仕様には、トヨタと共同開発した900ccの2気筒エンジンが搭載される可能性があるという。

この2気筒エンジン、フィアットの「ツインエア」と同様、高い環境性能を追求。欧州複合モード燃費は30km/リットル超、CO2排出量は80g/km以下と、驚異的な環境性能を実現するとのことだ。

次期コペンはグローバルな安全基準の観点から、ボディを大型化するとの情報もあり、日本の軽自動車枠との兼ね合いが注目される。

イギリスで販売されていたコペン1.3。ダイハツは2013年1月末で欧州市場からの撤退を決定している。イギリスでは新車の在庫がすでになくなっている 次期コペンに関する情報を伝えた英『AutoEXPRESS』