8日午後7時50分ごろ、広島県庄原市内の中国自動車道上り線を軽乗用車が逆走。パトカーの指示を無視して約30kmに渡って走り続けるトラブルが起きた。最終的に抑止されたが、運転していた男性は認知症とみられ、逆走している認識が無かった。

広島県警・高速隊によると、庄原市本村町にある本村パーキングエリア(PA)付近の上り線を走行中の運転者から「逆走車がいる」との通報が相次いだ。

これを受けて出動したパトカーが第2車線を50km/h程度の低速で走行する軽乗用車を発見。停止を指示したが、運転者はこれを無視して走行を続けたため、約30km離れた三次インターチェンジ付近でパトカーを横向きに停車させるなどしてバリケードを設置。クルマを強制的に抑止した。衝突などの被害はなく、負傷者も出なかった。

クルマを運転していたのは80歳代の男性で、逆走を行っているという認識が無かった。逆走開始地点は本村PAだったとみられる。事情聴取の結果から、警察では男性が認知症を患っている可能性が高いとみている。