シボレー キャプティバ《撮影 宮崎壮人》

シボレーの新型SUV『キャプティバ』は、新生GMの世界各地の開発能力を結集して開発された意欲的な世界戦略車。日本でも、充実した装備、右ハンドル、7人乗り、個性的なデザインに取り回しの良さ、そして354万円という価格で、市場に強くアピールする。

ターゲットは「個性のある物を好み、家族、友人とアクティブに行動する事を好む30代」。輸入車オーナーに対しては、SUVながらコンパクト、かつ7人乗りであるという実用性を訴求。また経済性の高い2.4リットル「エコテック」エンジンを含め、従来の大型SUVからのダウンサイジング需要をねらう。国産車オーナーに対しては、354万円という価格、そしてユニークなデザインを武器に、シボレーブランドのエントリーカスタマーとなってもらうことを目指す。

国産コンパクトSUVからのグレードアップ需要、トヨタ『ハリアー』、『ランドクルーザープラド』などからのダウンサイジング需要、双方にアピールできるクルマであるとGMジャパンは説明する。

キャプティバのボディサイズは全長4690mm×全幅1850mm×全高1790mm、ホイールベースは2710mm。2.4リットルエンジンは最高出力167ps、最大トルク230Nmを発生。これに6速ATと電子制御AWDが組み合わされ、スムーズかつ力強い走りを実現。

7人乗りながら高い居住性を確保。ほぼフラットになる3列目シートを倒す事で、477リットルの容量を生み出す。さらに2列シートも倒す事で942リットルの荷室空間を作り出すことが可能だ。また3列目シートの操作を簡潔にすることで、誰にでも扱い易いクルマをめざした。

シボレー キャプティバ《撮影 宮崎壮人》 シボレー キャプティバ《撮影 宮崎壮人》 シボレー キャプティバ《撮影 宮崎壮人》 シボレー キャプティバ《撮影 宮崎壮人》 シボレー キャプティバ《撮影 宮崎壮人》 シボレー キャプティバ《撮影 宮崎壮人》 シボレー キャプティバ《撮影 宮崎壮人》 シボレー キャプティバ《撮影 宮崎壮人》 シボレー キャプティバ《撮影 宮崎壮人》 シボレー キャプティバ《撮影 宮崎壮人》 シボレー キャプティバ《撮影 宮崎壮人》 シボレー キャプティバ《撮影 宮崎壮人》 シボレー キャプティバ《撮影 宮崎壮人》 シボレー キャプティバ《撮影 宮崎壮人》 シボレー キャプティバ《撮影 宮崎壮人》 シボレー キャプティバ《撮影 宮崎壮人》 シボレー キャプティバ《撮影 宮崎壮人》 シボレー キャプティバ《撮影 宮崎壮人》 シボレー キャプティバ《撮影 宮崎壮人》 シボレー キャプティバ《撮影 宮崎壮人》 シボレー キャプティバ《撮影 宮崎壮人》 シボレー キャプティバ《撮影 宮崎壮人》 シボレー キャプティバ《撮影 宮崎壮人》 シボレー キャプティバ《撮影 宮崎壮人》 シボレー キャプティバ《撮影 宮崎壮人》 シボレー キャプティバ《撮影 宮崎壮人》 シボレー キャプティバ《撮影 宮崎壮人》 シボレー キャプティバ《撮影 宮崎壮人》 シボレー キャプティバ《撮影 宮崎壮人》