リマック・オートモビル社のEVスーパーカー『コンセプトワン』。ツインモーターで、最高出力1088馬力、0-100km/h加速は2.8秒

東欧、バルカン半島に位置するクロアチア共和国。そのクロアチアから、途方もないEVスーパーカー計画が立ち上げられた。

これは、現地のリマック・オートモビル社が明らかにしたもの。9月13日にドイツで開幕するフランクフルトモーターショーに、EVスーパーカーの『コンセプトワン』を出品すると宣言したのだ。

このコンセプトワン、現時点ではスタイリングは公表されていない。判明しているのは、その驚異的なスペックだけだ。

EVパワートレインは、前後アクスルに置かれる2つのモーターを中心に構成。その最大出力は1088ps、最大トルクは387.5kgmと圧倒的だ。

二次電池は、蓄電容量92kWhという大容量のリチウムイオンバッテリー。0-100km/h加速は2.8秒、最高速はリミッターにより305km/hに制限されるという。

リマック・オートモビル社のEVスーパーカー『コンセプトワン』。ツインモーターで、最高出力1088馬力、0-100km/h加速は2.8秒 リマック・オートモビル社のEVスーパーカー『コンセプトワン』。ツインモーターで、最高出力1088馬力、0-100km/h加速は2.8秒