オリックス電力、太陽光発電と電力一括購入を組み合わせた新サービス

オリックス電力は、マンションの電気料金を削減する「電力一括購入サービス」に太陽光発電システムを組み合わせた新たな電気料金削減サービスを開始する。

電力一括購入サービスは、同社が割安な高圧電力を電力会社から一括受電し、マンション向けに低圧に変換して配電することで、利用者の電気料金を削減する。

今回、太陽光発電システムで発電した電力を電力一括購入による受電システムを活用し各住戸に配分することで、各住戸の省エネルギー化と電気料金の削減を同時に実現する。

従来、マンションで太陽光発電システムを導入する場合、各住戸への戸別配電設備の導入コストなどの制約から、発電した電力を共有部で利用することが一般的だった。同社は、一括受電システムを活用、太陽光発電システムで発電される全電力を、専有面積に応じて各住戸に配分することで、戸別の設備投資負担を軽減し、太陽光発電システムの発電容量に関わらず各住戸での利用を実現した。これにより、各住戸の電気料金を、電力一括購入サービスの削減分と合わせて約10%以上の削減が可能となると見込んでいる。

第1弾として、大京が10月から販売開始予定の新築分譲マンション「ライオンズ大森西グランフォート」(東京都大田区)に、サービスを導入する。この物件では、各住戸の電気料金を約24%削減を目指す。

オリックス電力は、今後1年間で20棟以上の新築マンションに太陽光発電を組み合わせた新しいサービスの導入を目指す。