GMにバッテリーシステムを供給するA123システムズ社のウェブサイト

米ゼネラルモーターズ(GM)は11日、将来発売を予定している電気自動車に搭載するバッテリーパックにおいて、A123 Systems社と生産に関する契約をしたことを発表した。

同契約は、リチウムイオンバッテリーと電子部品も含めたバッテリーシステムに関するもので、両社のチームは、現在、生産に備え、バッテリーシステムのための制御ソフトウェアの開発に取り組んでいる。

また、同社のバッテリーパックを使用する車両とブランドについては、後日発表される。

「GMは、電動自動車においても全てのラインアップを提供することを目指しており、それぞれのラインで特定のバッテリー性能が求められます。私たちは、様々なバッテリー開発者と協力しており、A123 Systems社のNanophosphateリチウム・イオン技術は、将来の電動自動車機能のために、理想的なパフォーマンス能力を提供します」と、GMのグローバルエレクトリカルシステム兼インフォテインメント&電動化担当エグゼクティブディレクターのミッキー・ブライ氏は述べている。

GMにバッテリーシステムを供給するA123システムズ社のウェブサイト