8000系に掲出されるヘッドマーク

東武鉄道の宇都宮線(新栃木〜東武宇都宮間)は11日、1931年(昭和6年)の営業開始から開通80周年を迎える。これを記念して、沿線ではさまざまなイベントが行われている。

東武宇都宮百貨店、宇都宮東武ホテルグランデ、壬生町おもちゃ博物館、バンダイミュージアム、東武博物館の5施設に設置されているスタンプ2個を集める「東武宇都宮線開通80周年記念スタンプラリー」は、14日まで開催中。

ゴールした施設で飲み物やおもちゃなどの賞品がもらえるこのスタンプラリー。「東武博物館でゴールするともらえる博物館賞(駅長帽子ペーパークラフトまたは東武鉄道オリジナルグッズ)などが人気を博している」と同社。

また9月30日まで、同線で活躍する8000系4両編成の2本(編成番号8189F・81105F)の前面に80周年記念ヘッドマークが掲出されるという。

同線は、1897(明治30)年に営業を開始したナローゲージ(軌間610mm)の宇都宮軌道運輸をルーツとし、のち宇都宮石材軌道などを経て現在に至っており、実は“百年超え”の路線でもある。

8000系に掲出されるヘッドマーク