NTNが発表した2011年4〜6月期(第1四半期)の連結決算は、売上高が前年同期比1.5%減の1306億700万円、経常利益は同3.2%減の47億2100万円。減収減益となった。

自動車市場向け商品は、震災の影響を受けた国内は不振だったものの、北米や欧州が好調。また、産業機械向けでも、建設機械、工作機械向け商品が、国内・海外ともに好調な売れ行きを示した。

しかし、円高の影響を大きく受け、営業利益は同2.7%減の54億8000万円、また純利益は、特別損失として地震関連費用7億4300万円、事業再編費用4億8000万円を計上した結果、同48.5%減の20億4700万円となった。