パナソニックが新型DSRC/ETC車載器を発売

パナソニックが進化形ETC車載器『CY-DSR110D』を発売する。価格はオープン価格。

CY-DSR110Dは、道路上の渋滞や事故、合流など、道路のリアルタイム情報提供サービスに対応した発話型DSRC車載器だ。ETC機能も搭載し、安全で安心なドライブをサポートする。

従来モデル(品番『CY-DSR1000D』)と比較して体積で約42%小型化された。カーナビと連動させることで情報を、音声と合わせて画像で案内する。

DSRCとは無線規格のひとつで、高速道路本線上やSA・PAなどに設置されたITSスポットとDSRC車載器間での双方向通信による情報提供サービスが可能になる。道路上の渋滞や事故、合流など刻々と変わる道路情報をリアルタイムに音声と画像で案内する他、SA・PAなどでは周辺観光情報の案内を行う。ITSスポットは全国の高速道路本線上を中心として約1600か所がある。

パナソニックが新型DSRC/ETC車載器を発売