9月に中国で発売された宝駿630

GMの中国合弁、SAIC-GM(上海通用五菱汽車)は9日、乗用車の低価格ブランド、「宝駿」の第1号車、『630』の販売を開始した。

SAIC-GMは、2002年6月に誕生。出資比率はSAIC(上海汽車)が50.1%、GMが34%、五菱汽車が15.9%。上海GMと並んで、GMの中国合弁(乗用車)の主力を担う。

そんなSAIC-GMが、2010年7月に立ち上げた新ブランドが宝駿。宝駿とは、中国語で「秘蔵の名馬」を意味し、初めてマイカーを購入する中国ユーザーに向けた低価格ブランドに位置づけられる。

9日、宝駿の第1号車、『630』が中国での販売を開始。中国全土120拠点のディーラーで取り扱い、現地ベース価格は6万2800元(約75万円)だ。

GMチャイナのケビン・ウェール社長は、「我々は誇りを持って、この中型セダンを中国の顧客にお届けする」と語っている。