三井住友海上火災保険は、地震や噴火、津波が原因で自動車が全損した場合に一時金を支払う自動車保険の新たな特約を設定し、2012年1月1日から発売すると発表した。

「ルーフの著しい損傷」、「3本以上のピラーの折損、断裂または同程度の損傷」、「前面・後面ガラスおよび左右いずれかのドアガラス損傷」のすべてが生じた場合や、津波などによって車両が流出し発見されなかった場合、車両が全焼した場合に定額で50万円を支払う。

特約保険料は一律5000円(保険期間1年間、一時払いの場合)。車両保険が保険金額が50万円未満の場合は、その金額に応じて特約保険料が安くなるという(支払保険金も車両保険の保険金額に応じた額が支払われる)。

地震・噴火・津波による損害は規模が巨大になる可能性があることから、従来の自動車保険では補償の対象外になっていた。しかし、東日本大震災の発生を受け、地震による車両損害の補償に対する要望が高まっている。このため、東京海上日動火災保険が7月、同様の特約を来年1月から販売を始めると発表、三井住友海上もこれに追従する。