豊田通商は、インドネシアに、サプライヤーパークを新設すると発表した。

インドネシアに「P.T.TTテクノパーク・インドネシア」を設立する。インドネシアでは日系自動車メーカーが生産を拡大しており、円高の進展もあってインドネシアへの工場進出を希望する自動車部品メーカーが増えている。

こうしたサプライヤーに、土地と工場、事務所を賃貸するほか、総務/経理/財務/人事などの事務系業務も支援。進出各社の初期投資と海外進出リスクを軽減し、生産に専念できる環境を整備する。

入居企業の海外進出を促進し、トヨタ自動車はじめとする日系自動車メーカーの現地調達率アップにも貢献する。

インドネシアの自動車生産台数は2010年に70万台を突破し、今後も同国のスモールカー政策を背景に拡大する見通し。こうした状況下、自動車部品メーカーのインドネシア進出が今後加速する見込みで、自動車部品メーカーの新規進出用地を確保、事務系業務を支援する。

また、豊田通商のエンジニアリング会社などのグループ会社を同地区に集約し、顧客サービスの充実を図る。