東北電力は10日の電力需要を1290万kWと想定、東京電力からの電力融通について、当初予定に140万kWを追加し、合計170万kWの電力融通を緊急措置として受けると発表した。

東北電力は、豪雨によって新潟県、福島県の水力発電所が被害を受け、供給力が減少。電力需給が逼迫している。このため8月8日6時〜11日22時に、東京電力から30万kの電力融通を受ける計画だった。しかし、気温の上昇で需要が想定を上回る見通しとなり、電力融通を増やす。

10日の供給力は1347万kW、想定需要は1290万kW、予備率4.4%と想定。気温上昇を踏まえ、今回初めて140万kWの枠を上回る170万kWの電力融通を受ける。

140万kWを上回る融通は、緊急的な措置として実施するもので、電力融通の拡大方策を活用した。