5日午後8時55分ごろ、東京都中央区内の都道で、職務質問から逃れようとした男性と、追跡してきた警官がもみ合いとなっていたところ、進行してきたタクシーにはねられる事故が起きた。この事故で男性が死亡、警官も重傷を負っている。

警視庁・築地署によると、現場は中央区築地3丁目付近で片側3車線の直線区間。事故の直前、現場近くの交番に30歳代の女性が訪れ、接遇した署員に「不審な男に盗撮されたようだ」と被害を申告した。

これを受けた25歳の巡査が周辺捜索を実施したところ、申告内容によく似た特徴の男性を発見。職務質問を行うために交番への任意同行を求めたところ、男性は突然逃走した。

男性は道路を強引に横断しようとしたが、追いついた巡査と中央分離帯付近でもみ合いになっていたところ、第3車線を走行してきたタクシーにはねられた。男性は胸部を強打して約1時間後に死亡。後の調べで近くに住む31歳の男性と判明した。巡査も足を骨折する重傷を負っている。

死亡した男性が盗撮に関わっていたかどうかはわかっておらず、警察では巡査の回復を待ち、事故発生の経緯や職務質問実施の正当性についても調べを進めている。