6日午後10時20分ごろ、滋賀県長浜市内の国道8号で、乗用車同士の衝突事故が発生。被害状況を確認しようと車外に出た一方のクルマの乗員が後ろから進行してきた大型トレーラーにはねられる事故が起きた。一連の事故で5人が死傷している。

滋賀県警・木之本署によると、現場は長浜市西浅井町塩津浜付近で片側1車線の緩やかなカーブ。一方の乗用車が対向車線側へ遺脱。対向車線を順走してきた乗用車と正面衝突した。

被衝突側のクルマは急ハンドルを切った弾みで路外へ逸脱して横転。衝突側のクルマを運転していた静岡県富士市内に在住する61歳の男性と、同乗していた84歳の女性が被害状況を確認するために車外へ出たところ、後ろから進行してきた大型トレーラーにはねられた。

この事故で女性が全身を強打して死亡。男性も頭部強打で意識不明の重体となっている。被衝突側のクルマに乗っていた男女3人も打撲などの軽傷を負っている。

警察はトレーラーを運転していた岐阜県大垣市内に在住する46歳の男性から自動車運転過失致死傷容疑で事情を聞いているが、調べに対しては「脇見をしていた」などと供述しているようだ。