エフテックが発表した2011年4〜6月期(第1四半期)の連結決算は、営業損益が2億7500万円の赤字となった。前年同期は20億5600万円の黒字。

中国での生産は順調に推移。売上高は前年同期比12.7%増の76億0400万円となったが、国内では、東日本大震災による主要得意先の生産調整で売上が大幅に減少。売上高は同49.9%減の60億3700万円。

北米でも、日本の震災にともなう主要得意先の生産調整や円高の影響で、売上高は同31.9%減の103億9600万円。グループ全体の売上高は同29.5%減の240億3900万円となった。

損益面では、経常損失が3億5400万円(前年同期経常利益20億4800万円)、四半期純損失は6億6000万円(前年同四半期純利益15億8700万円)となった。