三菱パジェロスポーツ

三菱自動車は9日、バングラデシュで同社の新型SUV『パジェロスポーツ』の現地生産・販売を開始したことを発表した。

パジェロスポーツは、同社のバングラデシュにおけるビジネスパートナー「Pragoti Industries Limited(PIL社)のチッタゴン工場で生産され、同社の販売網を通じてバングラデシュ国内で販売される。

PIL社はバングラデシュ工業省傘下の国営自動車組立会社で、三菱自動車とは1977年より同社モデルの現地生産・販売で提携関係にある。

1995年以降は『パジェロ』(旧型)の生産・販売を行ってきていたが、今回、これに最新型SUVモデル、パジェロスポーツを追加。商品ラインナップを強化することで、さらなる拡販を目指す。

なお、当面の年間生産・販売台数は、約500台を見込んでいる。