ブリヂストンは、中国市場でタイヤ需要増加に対応するため、中国・江蘇省無錫市の乗用車用ラジアルタイヤ工場である普利司通(無錫)輪胎(無錫工場)の生産能力を増強する。

今回の生産増強による増産開始は、2012年5月の予定。このための無錫工場による設備投資総額は5億6300万元(約83億円)で、生産能力は日産4100本を増強、増強後の生産能力は日産約1万6300本に達する予定。

今回の増強では、特にECOPIAブランドをはじめとした環境タイヤの生産能力を増強する予定。

同社グループは、中長期的に成長が見込まれる中国市場への供給能力を強化するとともに、市場のニーズに対して、より迅速に高品質な製品を提供する体制を構築する方針だ。