ランドローバー ディフェンダー 現行型

英国の4×4メーカー、ランドローバーの原点に位置する『ディフェンダー』。1983年から基本設計を変えずに生産されてきた同車に、次期型登場の可能性が出てきた。

これは3日、米国の自動車メディア、『INSIDE LINE』が報じたもの。同メディアによると、ランドローバーは9月13日にドイツで開幕するフランクフルトモーターショーに、次期ディフェンダーを示唆したコンセプトカーを出品する計画だという。

現行ディフェンダーは1983年に発表。ランドローバーの第1号車として1948年にデビューした「シリーズ1」の伝統を受け継ぎ、高い悪路走破性を第一に追求したモデルだ。その無骨なまでのフォルムと卓越したオフロード性能は、世界中で多くのファンに支持されている。

同メディアによると、次期ディフェンダーは好評の悪路走破性を維持しながら、現行よりもラグジュアリーな方向へ進化。新開発のプラットフォームを使い、複数の派生車種の投入が計画されているとのことだ。

次期ディフェンダーを示唆したコンセプトカー登場を伝える米『INSIDE LINE』