マツダ アクセラにSKYACTIVエンジンと、新開発のトランスミッション「SKYACTIV-DRIVE」が搭載される

マツダは、防府工場(山口県防府市)で環境技術「スカイアクティブ・テクノロジー」を搭載した『アクセラ』の国内仕様車の生産を開始した。

アクセラは、マイナーチェンジに合わせて新開発の2.0リットル直噴ガソリンエンジン「SKYACTIV-G 2.0」を搭載する。また、手動変速機のようにすべりを感じさせないダイレクト感を実現した新型6速自動変速機「SKYACTIV-DRIVE」をマツダ車に初めて搭載する。SKYACTIV-G 2.0とSKYACTIV-DRIVEの組み合わせで、走行性能と燃費性能を進化させる。

さらに『デミオ』に搭載した「インテリジェント・ドライブ・マスター(i-DM)」をSKYACTIV-G 2.0搭載車に採用する。i-DMは、なめらかでめりはりのある運転操作と燃費の向上を促す表示やアドバイスする運転サポート機能。

アクセラは、国内市場ではデミオに続く、スカイアクティブ・テクノロジー搭載車の第2弾として、今秋から販売する予定。

アクセラは、マツダの年間総販売台数の約3分の1を占め、現在の乗用車ラインアップのなかで最短で生産累計300万台に達したマツダの基幹車種。

SKYACTIV-G SKYACTIV-DRIVE