勝ったオリベイラ(右)と祝福する星野一義監督(中央)。星野監督に呼ばれて、かつての自軍エース・本山哲(左)も飛び入りで肩を組む

日本最高峰のフォーミュラレース「全日本選手権フォーミュラ・ニッポン」の第4戦決勝が、8月7日、栃木県のツインリンクもてぎで開催され、前年王者ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ(インパル・トヨタ)が今季初優勝を達成した。

3月の震災により大きな影響を受けたツインリンクもてぎでの、今年最初の4輪ビッグレース。前日の予選をポールポジション確実な雰囲気で戦っていたのは、今季ここまで出走機会2戦2勝のアンドレ・ロッテラー(トムス・トヨタ)だったが、彼には最後のQ3セッションで小さな落とし穴が待っていた。

雨の可能性が出てきたため、Q3進出の8台が皆コースインを急ぐなか、ロッテラーは図らずも他車と競り合うような状況となってしまい、タイムアタック前のタイヤのウォームアップにわずかながら支障が生じたようなのだ。誰かが絶好調モードにあっても、些細な隙があれば、ライバルはそこを見逃さずに突いてくる。これこそがFニッポンというハイレベルなステージの特徴であり、それを実践してみせたのが王者オリベイラ。ここで持ち前の勝負強さを発揮してロッテラーを逆転し、2戦連続のポール獲得を決めた。

決勝レースは約250km(ロードコース52周)の距離で「タイヤ4輪交換2回義務づけ、給油は自由」というルールでの戦い。

予選でニュータイヤを1セットずつ温存できたオリベイラとロッテラーが前日に引き続きトップを争うことが予想され、レースはまさしくその通りの展開に。両者はスピードもほぼ互角なら、戦略も基本的に一緒。ニュータイヤの使いどころまで重なるくらいで(ともに1回目のピットインで装着)、こうなると予選での勝敗がそのままレースの勝敗に直結することとなる。

オリベイラ自身が「とてもタフな、ミスのまったく許されない状況だった」と形容した厳しい戦いを、彼は見事に逃げ勝ったのだ(最終決着差は1秒960)。

「こういう厳しい内容のレースだっただけに、勝てて満足しているよ」と語るオリベイラ。チームにとっても、厳しい戦いだった。2度のピット作業は、いずれもロッテラーの直後の周回。喩えるなら、サッカーのPK戦で相手が成功した後に蹴る後攻選手のようなプレッシャーがかかるなか、まずまず無難にオリベイラをコースに戻し、彼の勝利に貢献した。星野一義監督率いる常勝集団インパルにとっても、これがようやくの今季初勝利。トムスの開幕からの連勝を3でストップさせた。

敗れたロッテラーは、「互いに限界まで攻め続けた戦いだった」とオリベイラを祝福。3位にはロッテラーの同僚・中嶋一貴が入り、これで4戦連続の表彰台獲得。ポイント的にはロッテラーと一貴が28点で並び、オリベイラが3点差で追う形勢となった。「貯金(リード)がなくなりました。ここから(残り3戦)が本当の勝負だと思います。今回は正直、上位2台が異次元の速さだった。次から、なんとかしないといけませんね」と一貴。彼の次戦以降の巻き返しにも注目が集まる。

今回のレースには、昨年までの3シーズン、米国インディカー・シリーズにフル参戦していた武藤英紀(今季はGT500に参戦中)がリアル・ホンダからスポット参戦。自身5年ぶりのFニッポン参戦で、現行マシンでは初レースとなった武藤は、予選で17台中15位と出遅れた。急遽の参戦とあっては仕方のないところだが、決勝では10位までポジションを上げてチェッカーを受けている。

次戦は今季2度目となる鈴鹿ラウンド(9月3〜4日)。ロッテラー、中嶋一貴、オリベイラのタイトル争いが佳境へと向かう。

厳しい戦いを終えて、トップ2が握手。左(背中)がオリベイラ、右がロッテラー 第4戦もてぎの表彰台。左から2位ロッテラー、優勝オリベイラ、3位中嶋一貴 ファンが見守る表彰台。震災被害を受けていたもてぎにも、ビッグレースが帰ってきた レースを終えた上位3台。手前から順にオリベイラ車、ロッテラー車、中嶋一貴車 コースに向かうロッテラーのマシン。わずかの差で今季初黒星を喫するも、ポイントで同僚・中嶋一貴に追いついた 中嶋悟監督の次男・大祐は決勝9位。「スタートは良かったんですが」、その直後の揉み合いでの不運もあって、連続入賞は成らず。しかし、手応えはよくなってきている HPリアルレーシングからFニッポンもてぎ戦にスポット参戦した武藤英紀。9月のインディジャパンにもスポット参戦を期待したい 平手晃平(インパル・トヨタ)は予選8位から、決勝5位入賞 苦戦傾向のホンダ勢のなかで最速だったのは、DOCOMOダンディライアン。塚越広大(右)が4位、伊沢拓也(左)が6位に食い込んだ 中嶋一貴は全戦表彰台キープ。しかし、同僚ロッテラーにポイントで追いつかれた(優勝数の差で首位はロッテラー)。「ここからが本当の勝負ですね」 予選後の会見でのオリベイラ(右、ポールポジション)とロッテラー。最後のQ3で、ロッテラー確勝の流れが変化した