日産自動車・片桐隆夫副社長≪撮影 小松哲也≫

日産自動車の片桐隆夫副社長は7日、国内の新車販売で2割のシェアを確保したいとの考えを明らかにした。片桐副社長は同日開いた国内販売事業説明会後、一部報道陣に対し語った。

日産ではこれまで国内のシェアに関して2013年度に15%にまで引き上げることを目標として打ち出していた。今回の国内販売事業説明会で片桐副社長は、時期や具体的な数値は示さなかったものの、更なる目標として「明確な2位の獲得」を掲げた。

片桐副社長は説明会後、明確な2位になるにはどのくらいのシェアが必要かと報道陣から問われ、「2割はとりたい。時期や方策はおいといて、それくらいあると絶対的なのではないか。今13%とか14%でみんな並んでいるので」と述べた。

日産の2010年度の国内販売台数は60万202台で、シェアは前年度から0.1ポイント上昇し13.0%だった。また今年1月から7月までの累計販売台数は33万1909台で、シェアは14.5%となっている。

日産自動車国内販売事業説明会≪撮影 小松哲也≫ 日産ティーダ