アウディA6セダン

アウディは5日、7月の世界新車セールスの結果を明らかにした。総販売台数は、7月としては過去最高の10万6000台。前年同期比は16%増を記録した。

市場別では、欧州が前年同月比8%増の5万7700台。このうち、地元ドイツは13.8%増の2万1423台だった。アウディによると、欧州では新型『A6セダン』や『Q5』、『Q7』の人気が高いという。

また、英国は前年同月比14.5%増の8155台。イタリアは7.9%減の4668台、スペインは6.1%減の3589台と減少したが、フランスは20.3%増の5294台、ロシアは24.7%増の2033台と好調だった。

アジアパシフィック地域では、前年同月比33.2%増の3万2550台をセールス。このうち、中国(香港を含む)は35.2%増の2万7767台だった。米国は9146台を売り上げ、前年同月比は17%増。現地では7月に新型を投入したA6セダンが、前年同月比63.5%増を記録した。

同社のペーター・シュヴァルツェンバウアー販売担当取締役は、「アウディは高級車市場において、鋭い成長を遂げている」とコメントしている。

アウディQ5 アウディQ7