NECは、中国大手自動車会社の北汽福田汽車の物流子会社の北京宝供福田物流向けに運送管理システム(TMS)を納入したと発表した。

納入したシステムは、自動車の受注・運送・運送料金の計算などの業務プロセスを可視化し、事業者が運行業務を効率化するのに役立つ。

宝供福田物流は、北京に管理センターを置き、中国9省で完成車と自動車部品を輸送している。北汽福田汽車は、中国の商用車メーカー最大手で、2010年の商用車販売台数が68万台。親会社の販売台数の増加に伴って宝供福田物流は、運送の可視化と運送情報の管理が課題となっていした。

NECのTMSは、運送をリアルタイムでモニタリングし、受注・出荷から代理店への配送までの業務プロセスを可視化できるシステム。管理センターは、各車両の入庫・出庫・配送などの状況を把握、配送途中に顧客から急な変更依頼を受けた場合でも、TMS上で別の車両からそのニーズに合う車両を選択して対応するなど、配送計画の変更に迅速な対応が可能となる。

宝供福田物流はTMSの活用で、これまで手作業で行っていた受注処理、運賃計算、配達状況の帳簿記入などにかかる時間を約30%短縮することができた。また、業務全過程のモニタリングと事故発生地点を通過する運送車両への事前警告機能などにより、計画的な配送が可能となり、顧客へのサービスレベルが向上したとしている。