EV-neo

さいたま市は、埼玉県内では初めてとなるホンダの電動二輪車『Ev-neo』を5台、住友三井オートサービスからリースで導入した。

さいたま市では、導入する電動二輪車を公用車として使用するほか、静粛性や走行性能などの新しい価値について検証するため「地域におけるEVバイク活用実証実験」などに活用する。

主にさいたま市見沼区の3か所の新聞販売店に貸し出し、早朝の新聞配達に利用し、騒音や生活環境の改善効果を検証、電動バイクの性能を調査する。

住友三井オートサービスは電動二輪車5台をリースで供給し、実証実験に向けて新聞配達用のフロントバスケットやキャリア、充電設備を整備し、さいたま市の実証実験をサポートする。

さいたま市は、電気自動車や電動二輪車の普及促進に向けた取り組み「E-KIZUNAプロジェクト」を進めており、市内にEVタクシーやEVカーシェアリングの普及への取り組みを積極的に進めている。

EV-neoと充電器