2日午前0時40分ごろ、静岡県三島市内の市道で、違反車両追跡のために一方通行路を逆走していたパトカーと、交差道路を進行してきた乗用車が出会い頭に衝突した。この事故で乗用車側の2人が軽傷を負っている。

静岡県警・三島署によると、同署員が三島市内をパトカーでパトロールしていたところ、一時停止を無視した原付バイクを発見。停止を命じたが、バイクはこれを無視して逃走した。

バイクは一方通行路を逆走して逃走。パトカーも同様に逆走して追跡を行っていたが、三島市緑町付近にある交差点に差し掛かったところ、交差道路を右方向から進行してきた乗用車と出会い頭に衝突。弾みで交差点に隣接する民家敷地内に突っ込み、駐車車両2台とも衝突した。

この事故で乗用車を運転していた35歳の男性と、同乗していた19歳の女性が打撲などの軽傷を負った。パトカーの警官2人にケガはなかった。バイクは事故の混乱に乗じ、そのまま逃走している。

現場の交差点には信号機が設置されているが、一方通行路ということもあってパトカー側(逆走方向)には設置されていなかった。信号は交差道路側が青表示だったとみられる。警察では運転していた31歳の巡査部長から自動車運転過失傷害などの容疑で事情を聞いている。