鈴鹿4時間耐久レース(7月30日)《撮影 池田忍》

鈴鹿8耐の前日に行われる鈴鹿4時間耐久ロードレース(鈴鹿4耐)は、次代のトップライダーを目指すアマチュアライダー達のステージだ。

2011年の鈴鹿4耐では、史上初の海外参戦組でホンダ『CBR600RR』(#25)を駆る、Boon Siew Honda Racing Malaysia(アズラン・シャ・カマルザマン/モハメド・エミール・フィダウス・ビンハサン組)が優勝した。

マレーシアから参戦した2人は決勝を2番手スタート。最後のライダー交代時でトップのTSR ホンダ小島/佐藤組に約32秒のビハインドがあったが、エミールから交代したアズランが猛追。ゴール直前の98ラップ目に逆転、そのままチェッカーとなった。

ポールポジションからスタートしたビジネスラリアート&TSR ホンダ(小島一浩/佐藤太紀組)のホンダ『CBR600RR』(#10)は2位。3位は、予選5番手だったSP忠男レーシングチーム(小倉章太郎/佐藤啓誘組)のヤマハ『YZF-R6』(#75)。

鈴鹿4時間耐久レース(7月30日)《撮影 池田忍》 鈴鹿4時間耐久レース(7月30日)《撮影 池田忍》 鈴鹿4時間耐久レース(7月30日)《撮影 池田忍》 鈴鹿4時間耐久レース(7月30日)《撮影 池田忍》 鈴鹿4時間耐久レース(7月30日)《撮影 池田忍》 鈴鹿4時間耐久レース(7月30日)《撮影 池田忍》 鈴鹿4時間耐久レース(7月30日)《撮影 池田忍》 鈴鹿4時間耐久レース(7月30日)《撮影 池田忍》 鈴鹿4時間耐久レース(7月30日)《撮影 池田忍》 鈴鹿4時間耐久レース(7月30日)《撮影 池田忍》 鈴鹿4時間耐久レース(7月30日)《撮影 池田忍》 鈴鹿4時間耐久レース(7月30日)《撮影 池田忍》 鈴鹿4時間耐久レース(7月30日)《撮影 池田忍》 鈴鹿4時間耐久レース(7月30日)《撮影 池田忍》 鈴鹿4時間耐久レース(7月30日)《撮影 池田忍》 鈴鹿4時間耐久レース(7月30日)《撮影 池田忍》 鈴鹿4時間耐久レース(7月30日)《撮影 池田忍》 鈴鹿4時間耐久レース(7月30日)《撮影 池田忍》 鈴鹿4時間耐久レース(7月30日)《撮影 池田忍》 鈴鹿4時間耐久レース(7月30日)《撮影 池田忍》 鈴鹿4時間耐久レース(7月30日)《撮影 池田忍》 鈴鹿4時間耐久レース(7月30日)《撮影 池田忍》 鈴鹿4時間耐久レース(7月30日)《撮影 池田忍》 鈴鹿4時間耐久レース(7月30日)《撮影 池田忍》 鈴鹿4時間耐久レース(7月30日)《撮影 池田忍》 鈴鹿4時間耐久レース(7月30日)《撮影 池田忍》 鈴鹿4時間耐久レース(7月30日)《撮影 池田忍》 鈴鹿4時間耐久レース(7月30日)《撮影 池田忍》 鈴鹿4時間耐久レース(7月30日)《撮影 池田忍》 鈴鹿4時間耐久レース(7月30日)《撮影 池田忍》