サーキットを舞台にしたハイブリッドカーレースを開催

8月7日、富士スピードウェイのレーシングコースで、市販ハイブリッドカーによるオリジナルレースイベント「“Eco Car Cup 2011”〜夏〜」が開催される。

昨年スタートして4回目を迎える同大会には、福島県〜広島県からエントリーした、58チームが参加。自動車専門誌や総合情報誌などもエントリーし、特に『ベストカー』チームでは国際C級ライセンスを持つ戦場ジャーナリスト・APF通信社代表山路徹氏が参戦予定。

参加車両は、トヨタ『プリウス』、ホンダ『インサイト』の歴代モデルや、ホンダ『CR-Z』、トヨタ『プリウスα』、レクサス『CT200h』などの最新モデルに加え、新たに同レースに参加可能となった、レクサス『LS600h』、ホンダ『シビックハイブリッド』、BMW『アクティブハイブリッドX6』なども出場する。

同レースは”初心者からレーシングドライバーまで幅広い層を対象に、ハイブリッドカーの特性を活かしつつ「燃費」と 「速さ」の双方を追求しながら、サーキットを「安全に」かつ「楽しく」走り、クルマ本来の楽しさを体感する”がコンセプト。

サーキット走行初心者からプロの自動車関係者まで一緒に楽しめるのがイベントの魅力のひとつで、自動車情報のプロがどういう結果を残すのかにも注目が集まるところだ。

サーキットを舞台にしたハイブリッドカーレースを開催