パイオニア・カロッツェリア「サイバーナビ」

パイオニアは4日、4〜6月期(第1四半期)の連結決算を発表した。カーオーディオを中心にOEMが東日本大震災の影響で減少。また、光ディスクドライブ関連製品の売上減少、円高の影響などで、売上高は、前年同期比10.7%減の981億2700万円となった。

損益面では、原価率の良化や販売費及び一般管理費の減少があったものの、売上総利益の減少により、営業利益は同17.6%減の19億5200万円、純利益は同51.0%減の2億9300万円となった。

カーエレクトロニクス部門の売上は、同8.3%減の574億7800万円。そのうち、カーナビゲーションシステムの売上は、OEMが海外で減少したものの、市販市場向けが国内で現行モデル、新規モデルともに好調。増収となった。

またカーオーディオの売上は、震災の影響によるOEMの受注減により国内外ともに大きく減少した。