マツダ・デミオSKYACTIV《撮影 高根英幸》

マツダは4日、新型『デミオ』の受注状況や7月の国内販売速報を明らかにした。6月末の発売から1か月間の受注は、月間販売計画(6000台)の2.3倍に相当する1万3500台と、好調な出足となった。

受注のうち、30km/リットル(10・15モード)の燃費性能をもつSKYACTIVエンジンを搭載したモデルは全体の7割と、計画の6割を上回り、ユーザーの燃費への関心の高さを裏付けた。

デミオの7月の新車登録台数は、前年同月を34%上回る1万465台(同社調べ速報値)に達した。同社の1モデル当たりの新車登録が1万台を超えたは、2004年3月以来、7年4か月ぶりという。この時は2代目のデミオで到達している。

また、同月の新車登録(軽自動車除く)では4位にランクされた。これは99年6月に初代のデミオが同位につけて以来、実に12年1カ月ぶりになる。国内営業本部の高橋良二副本部長は4日、東京で記者団に「ライバル車と真っ向から競合できるようになった。高燃費のコンパクト車の一団に入ることができたと認識している」と、評価した。

デミオ13-SKYACTIV デミオ13-SKYACTIV マツダ・デミオSKYACTIV《撮影 高根英幸》