タワー式集光設備とヘリオスタット

JFEエンジニアリングは4日、タワー集光型太陽光発電(タワーCPV)技術の開発に成功したと発表した。

同社は昨年6月、環境省の「集光型太陽光発電に関する技術開発」に関する委託事業を、三鷹光器、エネルギー総合工学研究所と協力して受託。鶴見製作所構内でタワーCPVの開発を行ってきた。

このタワーCPVは、ヘリオスタット(太陽追尾式ミラー)を用いて、太陽光を高さ20mのタワー上部に設置したレシーバーに集光、直接発電する。30基のヘリオスタットで行った実証試験では、集光倍率700倍、太陽電池モジュール1基で、最大26%の発電端効率を実現。従来型の太陽光発電システムと比較して、発電端効率は2倍以上となり、セルの単位面積当りでは、約1400倍の発電量を得ることができる。

同社は今年度、ヘリオスタットや太陽電池モジュールを増強し、1000倍の集光、および発電量拡大に向けた実証試験を継続。さらに、2012年度には、数MW規模までスケールアップした実証試験を行い、2013年度中の商用化を目指す。

タワー集光型太陽光発電システム概念図