ホンダ フィットシャトル《撮影 宮崎壮人》

当初の受注状況はハイブリッド/ガソリン車比率で86/14%だったそう。が、ハイブリッド人気は当然として、165万円の値付けのガソリン車(「15X」)も、もっと脚光を浴びていい、と思った。

理由は、走りっぷりが素直で、快適性もハイブリッドの上を行くと実感したから。とくに街中を流す程度の走行中、タイヤのロードノイズやフロアに伝わる微震動が小さいのは、ガソリン車の美点。ガソリン車はダンロップ「SP SPORT2030」、ハイブリッドはミシュラン「エナジーセイバー」というタイヤメイクの差も少なからず影響していそう。

重量配分、車重の差も、さりげなくフラットな乗り味に効いている。ラゲッジスペース床面がきわめて低く、広いうえ、床下収納の大きさにも目を見張る(奥サンに内緒の買い物もタップリと隠しておけそう!?)。メーターなどのシンプルなモノトーンも落ち着き感があっていい。「グランスムース」と呼ぶレザー風シート表皮のしっとりした風合いもいい。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★★
インテリア/居住性:★★★★
パワーソース:★★★★
フットワーク:★★★★
オススメ度:★★★★★

島崎七生人|AJAJ会員/モータージャーナリスト
1958年・東京生まれ。大学卒業後、編集制作会社に9年余勤務。雑誌・単行本の編集/執筆/撮影を経験後、1991年よりフリーランスとして活動を開始。以来自動車専門誌ほか、ウェブなどで執筆活動を展開、現在に至る。便宜上ジャーナリストを名乗るも、一般ユーザーの視点でクルマと接し、レポートするスタンスをとっている。

ホンダ フィットシャトル《撮影 宮崎壮人》 ホンダ フィットシャトルハイブリッド《撮影 宮崎壮人》 ホンダ・フィットシャトル《撮影 宮崎壮人》 ホンダ・フィットシャトル《撮影 北島友和》 ホンダ フィットシャトル《撮影 宮崎壮人》 ホンダ フィットシャトル《撮影 宮崎壮人》 ホンダ フィットシャトル《撮影 宮崎壮人》 ホンダ フィットシャトル《撮影 宮崎壮人》 ホンダ フィットシャトル《撮影 宮崎壮人》 ホンダ フィットシャトル《撮影 宮崎壮人》 ホンダ フィットシャトル《撮影 宮崎壮人》