ヤマハ発動機・柳弘之社長≪撮影 小松哲也≫

ヤマハ発動機は3日、中南米での二輪車事業やマリン事業全体での販売増加が見込まれるとして2011年12月通期の連結営業利益予想を従来の530億円から680億円に上方修正した。

一方、売上高予想は従来の1兆3500億円を据え置いたことから、売上高営業利益率は5.0%を見込む。ヤマハ発動機の柳弘之社長は同日開いた決算会見で2012年度の財務目標としていた営業利益率5%を「1年前倒しで達成の見込み」と述べた。

今期の営業利益には米国で販売した四輪バギーの製造物賠償責任にかかわる訴訟費用が想定を下回った分の戻し入れとして99億円が発生し、利益をかさ上げする。

柳社長は会見後、一部報道陣に対し、この戻し入れ効果がなくなる来期以降についても営業利益率5%は「維持できる見通し」との考えを示した。その理由として柳社長は「現在の構造改革やコストダウンを積み上げていくと、今年出た以上に(来年は)出てくるので、いけると思う」と述べた。

ヤマハ発動機決算会見≪撮影 小松哲也≫