東洋ゴム工業が発表した2011年4〜6月期(第1四半期)の連結決算は、経常利益が前年同期比82.4%増の25億5300万円と増益となった。売上高は同2.5%減の703億5200万円と減収となった。

東日本大震災による部品不足で自動車メーカーが減産したものの、国内新車用タイヤと国内市販用タイヤの販売量・売上げともに大幅に減少した。

ただ、海外市場では北米と欧州で高付加価値商品の販売が好調だったことや値上げの効果で販売量・売上げともに前年を上回った。中国・東南アジアは、震災による生産本数の減少の影響から販売量・売上げともに減少した。

収益は欧米市場での高付加価値商品の販売増などの効果で、営業利益は同20.8%増の31億5500万円と増益だった。当期利益は同14.8%増の8億5300万円となった。

中間期業績見通しは、被災した工場が想定よりも早く回復したことや高付加価値商品の販売が好調なため、上方修正した。通期連結業績見通しは、為替や原材料価格の動向が不透明なため、前回予想を据え置いた。