川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアム仕様シャトルバス《撮影 大野雅人》

川崎市などは、「川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアム」の9月3日開館に先がけ、鉄道駅と同館などを結ぶシャトルバスを公開した。

今回、川崎市が新車で導入したシャトルバスは、いすゞ自動車『エルガミオ』2台と日野自動車『ポンチョ』2台の計4台。

エルガミオには「ドラえもん」(鷲ヶ峰営業所所属1877号車)と「オバケのQ太郎」(同1878号車)、ポンチョには「キテレツ大百科」(同3434号車)と「パーマン」(同3435号車)のキャラクターが描かれたラッピングが施されている。デザインは藤子・F・不二雄プロ。

インテリアも藤子・F・不二雄ワールド。シートやつり革、降車ボタンなどにドラえもんやオバQなどのキャラクターがあしらわれていて楽しい雰囲気に。

運行区間は登戸駅〜ミュージアム〜生田緑地の間。登戸駅〜ミュージアム間が約10分間隔で、ミュージアム〜生田緑地間が約60分間隔。9時半から18時半の間で運転されるという。「ポンチョは登戸とミュージアムを結び、エルガミオが全区間を担当する予定です」(川崎市交通局)

また同局はこんな話も。「川崎市バスは号車番号の頭の数字でメーカーを識別させているんですよ。1がいすゞ、2が三菱、3が日野、4が日産というふうにね」。さらに、ナンバープレートの数字は4台とも「21-12」。これはドラえもんの誕生年からとったもの。

洒落っ気たっぷりの藤子・F・不二雄ミュージアムシャトルバス。運行は基本的に同ミュージアムの営業にあわせている。「休館日となる火曜日などは運休となるが、運休時の他路線への使用などは考えていません」(同局)

川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアム仕様シャトルバス《撮影 大野雅人》 川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアム仕様シャトルバス《撮影 大野雅人》 川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアム仕様シャトルバス《撮影 大野雅人》 川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアム仕様シャトルバス《撮影 大野雅人》 川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアム仕様シャトルバス《撮影 大野雅人》 川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアム仕様シャトルバス《撮影 大野雅人》 川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアム仕様シャトルバス《撮影 大野雅人》 川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアム仕様シャトルバス《撮影 大野雅人》 川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアム仕様シャトルバス《撮影 大野雅人》 川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアム仕様シャトルバス《撮影 大野雅人》