宇部興産は、航空宇宙材料事業を推進する一環として、「次世代宇宙システム技術研究組合」に加入した。今後、同組合が進めている超小型衛星システムの研究開発プロジェクトに参画する。

次世代宇宙システム技術研究組合は、東京大学中須賀真一教授による「日本発・ほどよし信頼性工学を導入した超小型衛星による新しい宇宙開発・利用パラダイム」の構築を推進するために今年3月に設立された。

東京大学超小型衛星戦略研究センターと連携して、1機50kg程度で、低コスト、短期開発可能な超小型衛星システムを実現することで、宇宙利用の飛躍的な拡大を図り、新たな宇宙産業を創出するのが狙い。今後3年間で5機の超小型衛星を打ち上げ技術実証を行う計画。

宇部興産は、小惑星探査衛星『はやぶさ』にも採用されたポリイミド熱制御フィルムや特殊セラミック材料、ポリイミド複合材料、発泡ポリイミドなどの先端材料を航空宇宙市場向けに開発している。今後の先端材料技術が超小型衛星の軽量化・高機能化に活かせることや、衛星の開発を通じて新たな先端材料技術の研究開発が見込めることなどから、同技術研究組合への加入を決めた。

今後、超小型衛星システムの実現に向けて太陽電池パドル用の軽量パネルや固体蓄熱材料、薄膜熱制御デバイス、新規断熱ブランケット、リチウムイオン二次電池材料などの開発を進める。これら先端材料の開発に加えて、新規事業の一環として将来の超小型衛星システム事業や超小型衛星利用事業への参入なども視野に入れている。