レクサスIS-F

トヨタ自動車が18日、米国でワールドプレミアする新型レクサス『GS』。そのGSに、最強グレードが用意される可能性が出てきた。

これは1日、『オートモーティブニュース』が報じたもの。同メディアによると、新型レクサスGSには、遅れて『GS-F』と呼ばれる最強グレードが投入されるという。

この『GS-F』、現行『IS-F』と同じく、レクサスのスポーツグレードの位置づけ。IS-Fは5.0リットルV型8気筒ガソリンエンジン(最大出力423ps)を積むが、GS-Fには、ハイブリッドパワートレインが搭載されるとのことだ。

現行GSには、「GS450h」というハイブリッドモデルを用意。果たして、GSに初設定の「F」グレードは、ハイブリッド専用車として登場するのだろうか。

レクサスIS-F レクサスIS-F レクサスGS450h レクサスGS450h 新型レクサスGSに「F」グレード設定の可能性を伝える『オートモーティブニュース』