トヨタ元町工場資料画像

トヨタ自動車の伊地知隆彦取締役専務役員は2日の決算発表の席上、震災からの生産復旧について「足元では調達上クリティカルな部品はほぼなくなった。従来より1か月早く、9月には生産挽回のフェーズに入れる」との見通しを示した。

この見込みに基づいて同日、2012年3月期の同社単体の生産台数を従来比33万台上乗せの772万台に上方修正した。6月時点では震災の影響による生産減は45万台程度と見ていたが「15万台規模に縮小できる」という。

生産挽回に向け、9月以降は休日出勤や残業による増産を積極的に進める方針。計画では、9月に5直(2.5日分)、10〜12月に計10直(5日分)、さらに来年も1〜3月に5直の休日稼動を行うとしている。

生産の挽回により、在庫不足で販売シェアを落としている主力販売先の米国では「来年3月にはシェア14%程度と、震災前のレベルまで回復させたい」と展望した。

トヨタ田原工場資料画像