イメージ

今年のお盆の帰省予定日は8月13日の土曜日がピークで、Uターン予定日は14日の日曜日と15日の月曜日に集中する模様であることが、ソニー損害保険が実施した「お盆の帰省に関する調査」で明らかになった。

この調査は自家用車を所有していて自分で運転し、今年のお盆に帰省する予定がある20代から50代の男女を対象に実施し、1000名の有効回答から集計したもの。

今年の帰省は「自家用車」を利用する予定と答えた人に予定日を聞いたところ、13日(土)が31.8%と最も多く、次いで12日(金)の18.6%、14日(日)の18.1%となった。一方、Uターンの予定日は15日(月)が23.5%、14日(日)は22.9%といずれも2割を超え、次いで16日(火)の16.9%という結果がでた。

ソニー損保では、ETCの休日割引「上限1000円」制度が6月19日に廃止されたことで、今年の帰省予定日がほかの土日に分散せずに13日に、Uターンは14日と15日に集中するもようと分析している。