トヨタ・ヤリス(北米仕様)

トヨタ自動車の伊地知隆彦専務は、営業赤字に転落した2011年度第1四半期(4〜6月期)決算の評価について「自治体や仕入れ先の協力で想定をはるかに超えるスピードで復旧できた」と述べた。

第1四半期の連結決算は、東日本大震災による部品不足で減産を余儀なくされ、連結販売台数が前年同期比32.9%減の122万1000台にとどまったことなどから、営業損益が1080億円の赤字に転落した。

伊地知専務は「4〜6月は赤字となったが最小限に抑えることができた」と評価。

サプライヤーの協力などで、想定していたよりも生産回復が前倒しできる見通しとなり、通期業績見通しを上方修正した。連結の通期販売見通しは「760万台と、従来予想よりも36万台上積みし、営業利益も1500億円上乗せして4500億円になる見通しとなったのは、関係者のおかげで」と述べた。

その上で「今後もグローバルで収益構造を改善し、前期を上回る利益をあげられるよう頑張りたい」と決意を示した。