EVと住宅の連携でCO2を24%削減…積水ハウスの実験成果

屋内の通信規格の標準化を目指す「住宅/EVネットワーク」グループに参加する積水ハウスは、環境配慮型住宅「観環居」において、フェムト一体型ホームICTと住宅の情報を一元管理する家歴システムを利用した住宅の快適性と長寿命化を図る実験を行った。

環境モニタリングシステムによる快適性の実験では、快適性の向上に効果的な結果を得、高品質な基本構造の住宅において、CO2排出量をほぼ100%削減出来ることも確認した。

次に家歴システムを活用したメンテナンスの実験では、家電・住宅設備機器の状態判断、メンテナンス時期や交換時期を告知する実験により、適正なメンテナンスの推進と住宅の長寿命化に関しての検証を行った。

さらに電気自動車(EV)と住宅を連携する暮らしの提案と検証では、太陽光発電システムによる余剰電力でEVを充電し、航続能力を確保しながら蓄電池としても活用する実証実験を実施。CO2削減効果について、その実験結果を踏まえた通年でのシミュレーションを行い、年間でのCO2排出量を24%削減する効果を得られる見通しを得た。

同社は引き続き「観環居」を広く一般に公開すると同時に、スマートハウスの構築に向けた要素技術の実用化への取り組み、また広く社会とのネットワーク構築に向けた施設運用と情報発信を行うとしている。